学校長より

更新日:2018年08月01日

ようこそ若草南小学校へ

 

 本校は,御勅使川扇状地の南端である若草地区の東南にあり,東を富士川(釜無川)が流れ,耕地区画整理により整備された田園地域にあります。近年道路網が整備され,近くには大型店舗が進出し,農村地域から都市近郊型のベッドタウン化が進行中で人口増加地域となっています。

 

 そこで,平成12年4月に若草小学校から分離し開校しました。本校は,「環境」をキーワードにして建てられた学校です。校舎内の腰壁と教室・ワークスペースの床材には木を活用し,ぬくもりとやわらかみを感じさせる仕上げを行っています。また最上階の3階の各教室は,天井を高くし,高い位置に高窓を設置し,自然の採光や通風を取り入れるよう配慮してあります。

 

 校舎東にある自然観察園では身近な体験ができるように配置されています。

 

 無限の可能性に満ちた子どもたちの心身の健全な成長を促進し,将来に夢と希望をもち生きる力を育む学校教育目標を達成する大前提になるのが安全安心して学習に取り組める学校環境です。これを保障するために努力することこそが最優先課題であると考えます。

 

 そのためには身近な地域を学びのフィールドにし,そこで体験活動を行ったり,歴史・文化を調べたりする中で,地域のもつ「よさ」を知り,そこから自尊感情を高める取組をめざします。

 

 自信と誇りを胸に,日々の生活を基盤にして,若南プライド」を作り上げたいと思います。

 

  子どもたちは素直で明るく,日々の学校生活を楽しんでいます。本校の活動の様子を,このホームページで知っていただきたいと思います。

 

 本年度は「笑顔あふれる学校」「人の痛みがわかる児童」を合言葉に、児童・教師が一丸となって取り組んでいます。笑顔あふれる学校は児童会の取り組みとも合致しています。

 

 校内研究につきましては、昨年度の成果を生かし「主体的・対話的で深い学び」を研究の柱として,研究主題「しなやかな心で,主体的に学ぶ「みなみっ子」の育成」(副主題:アクティブ・ラーニングを導入した授業改善を通して)として研究しています。是非とも参観頂き、研究に対しての御意見御叱正等頂戴し,今後の研究に活かして参りたいと存じます。よろしくお願いします。

 

 

南アルプス市立若草南小学校  校長 河野 良一